AZ CLASSIC

ONLINE SHOP

Blog : アズクラシックブログ

今年1年、ありがとうございました。

今年の3月にオープンして9か月がたち今年の業務も終了いたしました。

クローズにしていることも多く、来店されたお客様からは「やっと開いていた。」という言葉を

多くいただき本当に申訳なく思います。

2014年か楽天ショップにも本格的に出店していき

ネット販売も充実させていきますし、平日の昼間もオープンできるよう

にしていく計画ですので来年もアズクラシックを宜しくお願いいたします。

12月29日~1月4日までクローズです。

それでは皆様、良いお年をお迎えください。

北村

京都に行ってきました。

寒さが厳しい季節になってきましたね。

気が付けば11月もあと僅か、2013年も残り僅か・・・

今週日曜日から昨日まで京都に建築業の方の研修にいってきました。

4日間研修所に缶詰め状態で外に出ることもなく、勉強に勤しんでまいりました。

こんなに机に張り付いていたのは僕の人生では初めて経験でしたが充実した4日間になりました。

最終日のみ祇園に泊まり紅葉シーズンの京都を少しだけ観光してきました。

2013-11-28 10.03.36 2013-11-28 10.03.54 2013-11-28 10.03.18 2013-11-28 09.53.35

知恩院や祇園の街並みを散策し、ゆったりとした情緒ある京都を満喫してきました。

さあリフレッシュしてきたので今年も残りあと僅か、駆け抜けます。

 

 

レコノム入荷!

段々と寒いと感じられる季節になってきましたね。

皆さん風邪などひかぬようお気を付けください。

そんな私は風邪気味なんですが・・・

さて人気の高いメイドイン・フランスのレコノムナイフシリーズが多数入荷してきました。

2013-11-02 17.34.20

ブレッドナイフやピーラー、くちばしナイフと8色全ての色を用意しました。

1819年創業。カトラリーの中心地であるティエールを拠点とする6世代に渡る

ナイフメーカーです。フランスではレコノムといえば、タテ型ピーラーを最初に

売り出したことで有名でその名がブランド名となっています。

木製のハンドルがしっかり手になじむキッチンツールはポップな色使いでキッチンに

彩りを加えます。

ブレッドナイフ(写真下)3,990円

くちばしナイフ(写真左)1,260円

ピーラー(写真右)1,050円

 

 

MOKUNEJIステンレスボトル。

朝晩は大分、寒く感じられる季節になってきましたね。

気が付けば10月も残すところ、あと僅か・・・

あっという間に秋は過ぎ冬になってしまいますね。

時間が過ぎるのが凄く早く感じます。

さて、秋の行楽シーズンのお出かけのお供にmokunejiのステンレスボトルはいかがでしょう?

 

IMG_0661

 

 

SUS galleryのステンレスボトルと木地師がひとつひとつ丁寧にロクロで挽いた木製のコップが一つになりました。

ケヤキのコップは使えば使うほどに色合いが変わり味わいを増していきます。

ステンレスボトルは新潟の燕市でつくられている真空魔法瓶です。

国内でのステンレス真空ボトルは、ここでしか作られていません。

高度な技術を用いて作られた高性能魔法瓶です。

ヘアーライン仕上げと鏡面仕上げの2種類を用意しております。

IMG_0664

IMG_0665

鏡面仕上げは職人がひとつひとつ丁寧に研磨した、美しい仕上がりです。

このボトルを持って色んな場所で美味しい飲み物を飲みながら一息つくのも良いかと思います。

L360ml ヘアーライン仕上げ  価格 8,820円

M270ml ヘアライン仕上げ   価格8,400円

S200ml ヘアライン仕上げ    価格7,980円

 

L360ml 鏡面仕上げ      価格12,600円

M270ml 鏡面仕上げ     価格11,550円

S200ml 鏡面仕上げ     価格10,500円

 

 

 

食欲の秋には。

やっと秋めいた気候になってきましたね。

秋といえば、食欲の秋ということで

今日のおススメはTURKのクラシックフライパンです。

IMG_0736

創業150年、ドイツの職人が一つ一つ叩き上げた一体成型のフライパンです。

厚い肉の塊も温度が下がりにくく水分をよくとばすので、外はカリッと中は肉汁を留めた

ジューシーなステーキが焼けます。

野菜や卵焼きやパンケーキ、トーストなども焼きムラができず

程よい焼き色をつけます。

IMG_0753

日本仕様でつくられたクラシックグリルパンも在庫しておりますので

食欲の秋、こんなフライパンで秋の味覚を料理してみてはいかがでしょうか。